とやま帰農塾

富山のいなかで「農のある暮らし」を体感する
poster.jpg

特徴

▶農・山・漁村で過ごす

富山の農山漁村は、棚田や奥山などのうつくしい景観と海が近い、

コンパクトな立地が特徴です。
したがって食文化も山の恵みと海の恵みそれぞれ多様に育まれてきました。
帰農塾では、植え付けや収穫、草取り等その時季の地元特産物の農業を体験します。
そして、そこで収穫したとれたての農産物を地元のおかあさん達に教わりながらいっしょに作って食べます。
なお、コロナ禍において宿泊は宿泊施設や民泊、公民館等、開催地域によって様々ですが、

感染症対策の上で部屋割りを行います。

観光では出会えない人と出会えますよ。

地域のリーダー(塾長)をはじめ、住民の方も交えみんなで計画や運営を進めています。
地域の事情を知る住人目線で、今後のことを相談できるあったかい人とお近づきに・・・

地域のつながりであなたを受け入れますよ。

地元の方から特産物や積雪量等のその土地の特色や、車が必須等の生活する上で知っておいた方がいいことについても直に聞くことができます。
地域の意向によっては移住者の先輩も受け入れ側として参加する場合もあります。移住の先輩から生の声を聞けます。

富山県全体からのバックアップ体制!

地元住民を主体に進めてまいりますが、主催が富山県・共催が各市町村で開催いたします。
地元住民以外にも富山県定住コンシェルジュが移住先としての地域を紹介し、あなたの移住相談にものりますよ。他にも市町村・県の職員、私共事務局職員が参加しており、移住や富山の暮らし・農業に関してさまざまな情報を聞き出せますよ!

帰農塾をきっかけに、その後移住されたお客様からのご感想を一部ご紹介
  • 参加した大長谷塾で、現在の僕の師匠である塾長の村上さんとの出会いがきっかけとなり、大長谷への移住を決めました。

  • 他県への移住も考えていたのですが、大家庄塾に参加した時に地元の人たちの優しさに触れ、富山への移住を決めました。

DSCF8387.jpg